未生斎 広甫   (1791-1861)

未生斎広甫(みしょうさい こうほ、寛政3年(1791年) - 文久元年(1861年)7月)は、日本の華道家。 未生流二代目当主。 本名上田広甫。 [経歴] 寛政3年(1791年)に但馬国土居村(現:兵庫県香住町(旧:城崎郡))で生まれる。 生家は、城崎の庄屋上田家である。 当時は奉公人であった。 幼名は、上田安太郎(やすたろう)。 父親は、同じく庄屋として栄華を誇った上田九左衛門兼重の息子上田九助。 文化2年(1805年)に、後に共同で未生流を開く事となる未生斎一甫が上田家を訪れる。 そこで一甫は広甫の芸道を見出し、摂津国大阪に連れて行く事を決意した。 大阪に着き、未生斎広甫は未生斎一甫と未...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミショウサイ コウホ
人物別名 未生斎広甫


正行

安太郎

不濁斎, 広甫

滄浪舎, 不濁
生年 1791年
没年 1861年
職業・経歴等 華道家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
未生御流華術初傳三才之巻 未生斎一甫[口伝] ; 未生斎廣甫[著] 華道未生流家元
1937.4
花道家元未生御流插花四季の詠 不濁斎広甫 著 華道未生流家元
昭和9
未生流插花常磐草 未生斎広甫 [編] 華道未生流家元
昭和9
未生家插花桜農香 未生斎広甫 [編] 華道未生流家元
昭和9
未生御流花道家元華術三才噺 未生斎広甫 [編] 華道未生流家元
昭和9
未生御流高野之玉川 未生斎広甫 [編] 華道未生流家元
昭和9
華道家元未生御流插花唐衣 未生斎広甫 [編] 華道未生流家元
昭和9
蓬の香 : 插花 未生齋廣甫[著] 華道未生流家元
昭和9
華道家元未生御流四方之薫 : 插花伝書 未生斎広甫 [編] 華道未生流家元
昭和9
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想