北村 四郎   (1906-2002)

北村 四郎(きたむら しろう、1906年9月22日 - 2002年3月21日)は、日本の植物学者。 キク科植物研究の第一人者とされる。 昭和天皇の植物学研究の相談役としても活躍し、北村の葬儀の際には、今上天皇・皇后から白いキクの花が下賜された。 [概要] 1906年に生まれる。 高等学校時代にはフランス文化に関心を深めた。 京都帝国大学(現:京都大学)の植物学教室に進学し、小泉源一助教授に師事した。 卒業論文の題目は「アザミ属の研究」であった。 次いでキク科植物の分類について研究した。 1945年に京都大学教授に就任してからも、キク科植物分類の整理を続け、第二次世界大戦による中断を挟みながら...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ キタムラ シロウ
人物別名 北村四郎
生年 1906年
没年 2002年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
たんぽぽ 平山和子ぶん・え 福音館書店
2010.10
原色日本植物図鑑 北村四郎, 村田源, 堀勝 共著 保育社
2008.4(改訂69刷)
花木真寫 近衛豫楽院 画 ; 源豊宗, 北村四郎 監修・執筆 ; 今橋理子 解説 淡交社
2005.12
日本の野生植物 岩月善之助 編 平凡社
2001.2
日本の野生植物 岩槻邦男 編 平凡社
1999.7
離弁花類 : 日本の野性植物 草本 佐竹 義輔;大井 次三郎;北村 四郎;亘理 俊次;冨成 忠夫【編】 平凡社
1999.2.22
原色日本植物図鑑 北村四郎, 村田源 共著 保育社
1998.6
北村四郎選集 北村 四郎【著】 保育社
1993.7
日本の野生植物 岩槻邦男 編 平凡社
1992.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想