北村 崇郎   (1927-)

北村 崇郎(きたむら たかお、1927年(昭和2年)7月8日 - )は、日本のアメリカ文学者。 岐阜県関市出身。 1954年テキサス州に渡り、1955年再度渡米。 1962年国際基督教大学教育学修士、ハワード大学修士、12年間の米国留学ののち、1969年中央大学助教授、教授、1989年名古屋学院大学教授。 妻・北村光世(1939 - )は元青山学院大学教授、ラテンアメリカ文学、ハーブ研究家。 息子に英語、スペイン語の二か国語教育を行った。 [著書] 『ブルースの彼方へ 黒人文学とその背景』コリア評論社、1969 『黒人文学 アフリカからアメリカへ』日本放送出版協会、NHKブックス、1972 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ キタムラ タカオ
人物別名 北村崇郎
生年 1927年
没年 -
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ニグロ・スピリチュアル : 黒人音楽のみなもと 北村崇郎 著 みすず書房
2000.11
ただいまアメリカ留学中 : 息子と父の往復書簡 北村洋・崇郎 著 草思社
1994.3
一世としてアメリカに生きて 北村崇郎 著 草思社
1992.6
アメリカ 北村崇郎 著 筑摩書房
1990.6
こんなに勉強してるのになぜ英語ができないの 北村崇郎 著 草思社
1989.5
ヒロシ、君に英語とスペイン語をあげるよ 北村崇郎, 北村光世 著 草思社
1986.11
僕の見た中流のアメリカ人 北村崇郎 著 草思社
1985.11
変わりゆくアメリカ : インサイド・レポート 北村崇郎 著 研究社
1981.1
続ブラック・ボーイ リチャード・ライト 著 ; 北村崇郎 訳 研究社
1976
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想