北村 春吉   (1897-1996)

北村 春吉(きたむら はるきち、旧姓:藤井、1897年3月1日 - 1996年12月19日)は、滋賀県野洲市出身の数学者、旧制専門学校校長、予備校講師。 また、サッカー選手としてFWでプレーした。 [経歴] 1897年、滋賀県野洲郡野洲町(現:野洲市)富波甲に生まれた。 滋賀師範学校(現・滋賀大学)在籍時に恩師の落合秀保と出会い、サッカーを始めた。 1916年3月、滋賀師範学校卒業。 その後、東京高等師範学校に入学し、蹴球部(現:筑波大学蹴球部)に所属。 在学中の1917年に第3回極東選手権大会の日本代表に佐々木等や武井群嗣らと共に選出され、2戦目のフィリピン代表戦で2得点を決めた。 なお、...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ キタムラ ハルキチ
人物別名 北村春吉
生年 1897年
没年 1996年
職業・経歴等 サッカー選手

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
代数幾何の鍵 : 受験資料 附・学習用問題集模擬試験問題集 北村春吉 著 大阪高等予備校出版部
大正15
受験資料代数の鍵幾何の鍵 : 附・模擬試験問題 北村春吉 著 大阪高等予備校
大正14
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想