北小路 健   (1913-1991)

北小路 健(きたこうじ けん、1913年1月25日 - 1991年10月22日)は、国文学者、古文書学者。 本名は渡部 栄(わたなべ さかえ)。 福島県会津若松市生まれ。 1937年、東京文理科大学国文科卒、能勢朝次に師事し、「源氏物語」研究を志す。 父の遺品の中から、従一位麗子本源氏物語を発見し、これを論文にする。 しかし召集され、病のため除隊となるが、満州で中学教師の傍ら研究を続けた。 学界でも注目されるようになり、蔵書は和本7000冊を含む13000冊を超えたが、敗戦時、ソ連兵によってすべて焼かれた。 その後、長春の露天市で島崎藤村の「夜明け前」を見つけ、これを研究課題のひとつとする。 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ キタコウジ ケン
人物別名 北小路健
生年 1913年
没年 1991年
職業・経歴等 文学研究者
をも見よ 渡部, 栄(1913-1991)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
名将言行録 : 現代語訳 岡谷繁実 原著 ; 北小路健, 中澤惠子 訳 講談社
2013.6
空撮写真集 : 昭和50年代の日本の風景 渡部まなぶ写真 ; 北小路健文 丸善
2013.11
空撮写真集 : 昭和50年代の日本の風景 渡部まなぶ写真 ; 北小路健文 丸善
2013.11
空撮写真集 : 昭和50年代の日本の風景 渡部まなぶ写真 ; 北小路健文 丸善
2013.11
空撮写真集 : 昭和50年代の日本の風景 渡部まなぶ写真 ; 北小路健文 丸善
2013.11
空撮写真集 : 昭和50年代の日本の風景 渡部まなぶ写真 ; 北小路健文 丸善
2013.11
空撮写真集 : 昭和50年代の日本の風景 渡部まなぶ写真 ; 北小路健文 丸善
2013.11
空撮写真集 : 昭和50年代の日本の風景 渡部まなぶ写真 ; 北小路健文 丸善
2013.11
空撮写真集 : 昭和50年代の日本の風景 渡部まなぶ写真 ; 北小路健文 丸善
2013.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想