松村 任三   (1856-1928)

松村 任三(まつむら じんぞう、1856年2月14日〔安政3年1月9日〕- 1928年5月4日)は日本の植物学者。 [人物] 東京帝国大学理学部植物学教室教授、付属小石川植物園の初代園長。 多くの植物標本を採取しソメイヨシノやワサビなど150種以上の植物に学名を付け、それまでの本草学と近代の植物学の橋渡しをした。 また、植物の分類のための植物解剖(形態)学という新しい学問を広めた。 門下生に牧野富太郎がいる。 だが次第に牧野を憎むようになり、講師であった牧野の免職をたびたび画策した。 位階勲等は正三位勲一等。 現在の茨城県高萩市出身。 同市にあるかやぶきの生家は2012年12月10日の火災に...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マツムラ ジンゾウ
人物別名 松村任三
生年 1856年
没年 1928年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
改訂植物名彙 松村任三 編 有明書房
1982.2
大植物圖鑑 村越三千男編著並描畫 ; 松村任三, 丹波敬三, 本多静六 序文 梧桐書院
1941.7
神名の語源 松村任三 著 青岡樹園
昭和3
田家集 松村任三 著 青岡樹園
昭和2
地名の語源 松村任三 著 青岡樹園
昭和2
地名の語源 : 全 松村任三著 青岡樹園
1927.9
漢字和音 松村任三 著 青岡樹園
大正13
字音假名遣と羅馬字書方 松村任三著 青岡樹園
1924.6
植物名彙 松村任三 著 丸善
大正10-11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
大植物図鑑 01 序 松村 任三
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想