北川 桃雄   (1899-1969)

北川桃雄(きたがわ ももお、1899年3月3日-1969年5月19日)は、美術史家。 東京出身。 京都帝国大学経済学部卒業、京都市立第一工業学校(現洛陽工業高等学校)教師。 志賀直哉の勧めで東京帝国大学美学美術史学科卒業。 在学中1940年鈴木大拙の英文「禅と日本文化」を邦訳、42歳で卒業。 共立女子大学教授。 54年『室生寺』(土門拳写真)で毎日出版文化賞受賞。 はじめ日本の古寺について多く書き、晩年は中国紀行に基づき敦煌などを書いた。 [著書] 法隆寺 アトリエ社 1942 斑鳩襍記 文芸春秋社 1943 秘仏開扉 矢貴書店 1944 古塔巡歴 東京出版 1947 壷中...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ キタガワ モモオ
人物別名 北川桃雄
生年 1899年
没年 1969年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
禅と日本文化 : 対訳 鈴木大拙 著 ; 北川桃雄 訳 講談社インターナショナル
2005.12
禪と日本文化 鈴木大拙著 ; [北川桃雄譯] EBSCO
[20--]
禪による生活 鈴木大拙著 ; [北川桃雄, 小堀宗柏譯] EBSCO
[20--]
鈴木大拙禅選集 鈴木 大拙【著】;小堀 宗柏【訳】 春秋社
1990.11
美術紀行 敦煌 北川桃雄 著
1977.7
日本美の探求 北川桃雄 著 法政大学出版局
1973
壷中天 北川桃雄 著 光風社書店
1970
古い造形の新しさ 北川桃雄 著 時の美術社
1970
大同の古寺 北川桃雄 著 中央公論美術
1969
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想