有倉 遼吉   (1914-1979)

有倉 遼吉(ありくら りょうきち、1914年2月20日 - 1979年6月10日)は、日本の法学者。 専門は憲法。 教育法学。 [人物] 元早稲田大学法学部教授。 法学博士。 厳格な法実証主義による解釈を行った。 閣議の議決方法については、多数決説を、憲法判断の回避の問題では、憲法判断先行説をとる。 教育基本法の法的性格として、準憲法的法律説を提唱、日本教育法学会の初代会長を務めるなど、教育法学の理論形成に大きく貢献した。 中国大連市(当時)生まれ。 [略歴] 1926年3月 大連日本橋小学校卒業 1931年3月 大連第一中学校卒業 1934年3月 第二早稲田高等学院卒業 1938年3月 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アリクラ リョウキチ
人物別名 有倉遼吉
生年 1914年
没年 1979年
職業・経歴等 法学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
解説教育六法 解説教育六法編修委員会 編 三省堂
2018.2
解説教育六法 解説教育六法編修委員会 編 三省堂
2017.2
解説教育六法 解説教育六法編修委員会 編 三省堂
2016.2
解説教育六法 解説教育六法編修委員会 編 三省堂
2015.3
解説教育六法 解説教育六法編修委員会 編 三省堂
2014.3
解説教育六法 解説教育六法編修委員会 編 三省堂
2013.2
解説教育六法 解説教育六法編修委員会 編 三省堂
2012.3
解説教育六法 解説教育六法編修委員会 編 三省堂
2011.3
解説教育六法 解説教育六法編修委員会 編 三省堂
2010.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想