安村 通晃   (1947-)

安村 通晃(やすむら みちあき、1947年 -) は、日本の研究者。 理学博士。 慶應義塾大学環境情報学部教授兼大学院政策・メディア研究科委員を経て、現在は、同名誉教授。 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスインタラクションデザインラボ代表を歴任。 専門分野は、インタラクションデザイン、アクセシビリティ、計算機科学。 [経歴] 1971年東京大学理学部物理学科卒業、1973年東京大学理学系研究科修士課程(情報科学専攻)修了、同博士課程(情報科学専攻)進学。 1975年〜1977年UCLAに留学。 1978年東京大学理学系研究科博士課程(情報科学専攻)を単位取得退学。 同年日立製作所中央研究所に入社...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤスムラ ミチアキ
人物別名 安村通晃
生年 1947年
没年 -
職業・経歴等 工学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
コンピュータの数学 ロナルド L. グレアム, ドナルド E. クヌース, オーレン パタシュニク [著] ; 有澤誠 [ほか] 訳 共立
2020.9
誰のためのデザイン? D.A.ノーマン 著 ; 岡本明, 安村通晃, 伊賀聡一郎, 野島久雄 訳 新曜社
2015.4
More Effective C++ スコット・メイヤーズ 著 ; 安村通晃, 伊賀聡一郎, 飯田朱美, 永田周一 訳 丸善
2014.2
複雑さと共に暮らす D.A.ノーマン 著 ; 伊賀聡一郎, 岡本明, 安村通晃 訳 新曜社
2011.8
インビジブルコンピュータ : PCから情報アプライアンスへ ドナルド・A.ノーマン 著 ; 岡本明, 安村通晃, 伊賀聡一郎 訳 新曜社
2009.6
C++プログラミングの筋と定石 ジェームズ・O.コプリエン 著 ; 安村通晃, 大谷浩司, 渦原茂 訳 ピアソン・エデュケーション
2009.12
未来のモノのデザイン ドナルド・A.ノーマン 著 ; 安村通晃, 岡本明, 伊賀聡一郎, 上野晶子 訳 新曜社
2008.10
More effective C++ : プログラムとデザインを改良するための新35項目 スコット・メイヤーズ 著 ; 安村通晃, 伊賀聡一郎, 飯田朱美, 永田周一 訳 ピアソン・エデュケーション
2007.7
オペレーティングシステム : 設計と実装 アンドリュー・S.タネンバウム, アルバート・S.ウッドハル 共著 ; 吉澤康文, 木村信二, 永見明久, 峯博史 訳 ピアソン・エデュケーション
2007.12
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想