吉蔵   (549-623)

吉蔵(きちぞう、549年 - 623年)は、中国六朝時代末から唐初期にかけての僧。 俗姓は安氏で、先祖は安息国の人である。 金陵(江蘇省南京市)の出身。 嘉祥大師とも言う。 [生涯] 父も出家しており、道諒という僧であった。 父について真諦三蔵のもとに行き、出家して吉蔵と名づけられた。 12歳の時に三論宗の法朗の講義を聴き、翌年に出家した。 21歳で具足戒を受け、隋の百越征討の際に、会稽の嘉祥寺に住しており、三論を究めた。 嘉祥寺に住したことから、嘉祥大師の名がある。 開皇17年(597年)には、天台智顗と交際した。 以後、煬帝の命により、楊州の慧日道場・長安の日厳寺で三論や法華の布教や講説...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ キチゾウ
人物別名 嘉祥大師
生年 549年
没年 623年
職業・経歴等

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
京都国立博物館所蔵 国宝浄名玄論 京都国立博物館【編】 勉誠出版
2014.3.31
国宝浄名玄論 [嘉祥大師吉蔵] [著] ; 京都国立博物館 編 勉誠
2014.3
国宝浄名玄論 [嘉祥大師吉蔵] [著] ; 京都国立博物館 編 勉誠
2014.3
法華統略 嘉祥大師吉蔵 著 ; 菅野博史 訳注 大蔵
2000.3
法華統略 嘉祥大師吉蔵 著 ; 菅野博史 訳注 大蔵
1998.3
MURYŌJU GISHO - 本の友社
1997
HOKKE YŪI - 本の友社
1997
大乗仏典 : 中国・日本篇 平井 俊栄【訳】 中央公論社
1990.9
浄名玄論 [吉蔵著] ; 横超慧日編集 横超慧日
1978-1980
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
三論玄義 吉蔵, 平井 俊栄
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想