勢古 浩爾   (1947-)

勢古 浩爾(せこ こうじ、1947年 - )は、日本の評論家、エッセイスト。 大分県生まれ。 明治大学政治経済学部卒、明治大学大学院政治学修士課程修了。 橋川文三に師事。 大学院修了後、洋書輸入会社に勤務。 「石原吉郎論」で開高健賞候補。 その後文筆活動に入り、『まれに見るバカ』がベストセラーとなる。 2006年退社し文筆に専念。 新書による人生論が多かったが、2009年本格評論『大和よ武蔵よ』を刊行。 [著書] 中島みゆき・あらかじめ喪われた愛 宝島社 1994 自分をつくるための読書術 ちくま新書 1997 こういう男になりたい ちくま新書 2000 わたしを認めよ! 洋泉社 2000(...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ セコ コウジ
人物別名 勢古浩爾
生年 1947年
没年 -
職業・経歴等 評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
それでも読書はやめられない : 本読みの極意は「守・破・離」にあり 勢古浩爾著 NHK
2020.3
人生の正解 勢古浩爾著 幻冬舎
2019.5
古希のリアル 勢古浩爾 著 草思社
2018.2
ウソつきの国 勢古浩爾 著 ミシマ社
2017.3
ひとりぼっちの辞典 勢古浩爾 著 清流
2017.5
結論で読む幸福論 勢古浩爾 著 草思社
2017.8
定年バカ 勢古浩爾 著 SBクリエイティブ
2017.11
60歳からの「しばられない」生き方 勢古浩爾 著 ベストセラーズ
2017.11
定年後に読みたい文庫100冊 勢古浩爾 著 草思社
2015.10
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想