木下 杢太郎   (1885-1945)

1885~1945。詩人、劇作家、医学者。本名太田正雄。静岡県伊東市生れ。東大医学部卒。新詩社に加わり「明星」「スバル」などの雑誌に耽美的かつ異国趣味豊かな作品を発表。1908年には北原白秋らとパンの会を結成した。キリシタン研究者としても知られる。『南蛮寺門前』は初期の代表的な戯曲の1つ。Wikipedia「木下杢太郎

「青空文庫」より

木下 杢太郎(きのした もくたろう、1885年(明治18年)8月1日 - 1945年(昭和20年)10月15日。 本名:太田正雄)は、皮膚科の医学者、詩人、劇作家、翻訳家、美術史・切支丹史研究家。 大学医学部の教授を歴任し、また、南蛮情緒的、切支丹趣味、耽美享楽的など言われるきらびやかな詩や戯曲を残した。 堀花村(ほりかそん)、地下一尺生、葱南(そうなん)、などの筆名も用いた。 [生涯] 1885年(明治18年)、静岡県賀茂郡湯川村(現・伊東市湯川)に、父・惣五郎、母・いとの末子として生まれた。 兄に太田圓三。 動物学者の太田嘉四夫(北海道大学教授)は甥。 家業は「米惣」という雑貨問屋であっ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ キノシタ モクタロウ
人物別名 木下杢太郎
生年 1885年
没年 1945年
職業・経歴等 小説家
をも見よ 太田, 正雄(1885-1945)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
木下杢太郎随筆集 木下杢太郎 [著] ; 岩阪恵子 選 講談社
2016.3
ルイス・フロイス日本書翰 ルイス・フロイス 著 ; 木下杢太郎 訳 慧文社
2015.7
明治紀行文學集 福田清人編 筑摩書房
2013.1.25
明治近代劇集 秋庭太郎編 筑摩書房
2013.1.25
濱の眞砂に : 杢太郎詩抄 : 第24回国民文化祭しずおか2009 木下杢太郎 著 第24回国民文化祭伊東市実行委員会
2009.10
濱の眞砂に : 木下杢太郎詩抄 - 第24回国民文化祭伊東市実行委員会
2009.10
新編百花譜百選 木下杢太郎 画 ; 前川誠郎 編 岩波書店
2007.1
五足の靴 五人づれ 著 岩波書店
2007.5
食後の唄 木下杢太郎 著 日本図書センター
2004.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想