有賀 長雄   (1860-1921)

有賀 長雄(あるが ながお、1860年11月13日(万延元年10月1日) - 1921年(大正10年)5月17日)は、日本の法学者、社会学者。 法学博士。 文学博士。 [経歴] 1882年東京大学文学部卒業。 東大在学中には学資稼ぎに成立学舎で教師もしていた。 1884年元老院書記官となる。 1886年からヨーロッパに留学し、ローレンツ・フォン・シュタインに国法学を学ぶ。 1887年帰国。 枢密院、内閣、農商務省に勤め、その後陸軍大学校、海軍大学校、東京帝国大学、慶應義塾大学、早稲田大学などで憲法、国際法を講じた。 日清戦争、日露戦争には法律顧問として従軍し、ハーグ平和会議には日本代表として...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アリガ ナガオ
人物別名 有賀長雄
生年 1860年
没年 1921年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
哲学字彙 井上哲次郎, 有賀長雄 増補 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2015.1
日本立法資料全集 有賀長雄編 信山社
大学図書
2010.7
日本立法資料全集 有賀長雄著 信山社
2009.8
日本立法資料全集 有賀長雄著 信山社
2009.8
日本立法資料全集 有賀長雄編述 信山社
2009.8
日本立法資料全集 有賀長雄著 信山社
2008.7
日本最初の社会学史 有賀長雄 著 いなほ書房
星雲社
2007.3
日本立法資料全集 有賀長雄編述 信山社
2007.8
日本立法資料全集 有賀 長雄【著】 信山社
2007.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想