木村 元一   (1912-1987)

木村 元一(きむら もとかず、1912年1月1日 -1987年4月7日 )は経済学者。 専門は財政学。 一橋大学名誉教授。 井藤半彌門下。 ドイツ流の財政社会学を日本の財政学に導入。 [略歴] 宮城県志田郡志田村(現大崎市)生まれ。 1928年和歌山高等商業学校(現和歌山大学経済学部)に無試験入学。 1934年東京商科大学(現一橋大学)卒業(井藤半彌ゼミナール)、同大学研究科に進学するとともに、高輪商業学校(現高輪中学校・高等学校)等で教鞭をとる。 1940年から東京商科大学助手及び同大予科助教授。 1942年から東京商科大学助教授及び同大予科教授 1945年に召集により第2師団入隊。 同年...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ キムラ モトカズ
人物別名 木村元一
生年 1912年
没年 1987年
職業・経歴等 経済学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
租税国家の危機 シュムペーター 著 ; 木村元一, 小谷義次 訳 岩波書店
1983.7
財政学研究 大川政三, 石弘光 編 春秋社
1976
アジア開発のメカニズム 木村元一 編 アジア経済研究所
1970
アジア経済講座 木村元一編 東洋経済新報社
1970
アジア諸国の財政金融事情 : 韓国、タイ、マレーシアについて 木村元一 編 アジア経済出版会
アジア経済研究所
1969
インド税制と経済発展 木村元一 編著 アジア経済出版会
アジア経済研究所
1969
インドの税制と経済開発 木村元一 編 アジア経済研究所
1967
財政学 井藤半弥 著 千倉書房
1966
昭和四十一年度の財政と税制改正について 木村元一 黎明会
1966.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想