島津 保次郎   (1897-1945)

島津 保次郎(しまづ やすじろう、1897年6月3日 - 1945年9月18日)は、大正・昭和期の映画監督。 松竹蒲田撮影所で蒲田調と呼ばれる小市民映画を多数製作し、松竹の代表的監督となった。 [来歴] 東京神田区駿河台(現・千代田区神田駿河台)に下駄用材商と老舗海産物商「甲州屋」を営む父・音次郎の次男として生まれる。 正則英語学校(現・正則学園高等学校)に入学するが、幼いころから極度の映画好きであった島津は学校をさぼって近くにあった映画館・錦輝館へ行って映画を見ていた。 当時から映画監督への道を志しており、逓信省の宣伝映画のシナリオ公募に入選した経験もある。 卒業後、実家の手伝いで、福島で...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シマズ ヤスジロウ
人物別名 島津保次郎
生年 1897年
没年 1945年
職業・経歴等 映画監督

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
隣りの八重ちゃん 島津保次郎監督・[脚色・原作] 松竹映像商品部
[2009.1], c1934
お琴と佐助・白鷺 島津保次郎 著 新世紀社
昭和21
島津保次郎映画脚本集 島津保次郎著 通文閣
昭15
お琴と佐助 : 音画脚本集 島津保次郎 著 映画世界社
昭和10
嫁ぐ日まで 島津保次郎監督 東宝
[19--]
緑の大地 島津保次郎原作・監督 ; 山形雄策脚本 ; 東宝株式会社製作・著作 東宝
[19--]
白鷺 島津保次郎監督 東宝
[19--]
日常の戦ひ 島津保次郎監督 ; 小国英雄脚本 ; 石川達三原作 ; 東宝株式会社製作・著作 東宝
[19--]
上陸第一歩 島津保次郎監督 ; 北村小松原作・脚色 松竹ビデオ事業部
[19--]
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想