木村 栄一   (1943-)

木村 栄一(木村 榮一、きむら えいいち、1943年9月13日 - )は、日本のスペイン文学者(専攻はスペイン語圏のラテンアメリカ文学)。 神戸市外国語大学教授・学長を務め名誉教授。 [経歴] 大阪府生まれ。 第一期生として神戸市外国語大学イスパニア語科を卒業。 母校の助教授・教授を経て、2005年8月から2011年3月まで学長職に就いた。 ラテンアメリカ文学の翻訳紹介を精力的に行い、下記一覧で多数の訳書がある。 また、恩師に教わったという魚釣りに関するエッセイもある。 [著書] スペインの鱒釣り(平凡社、1996年) 神戸釣り倶楽部(平凡社、1999年) ドン・キホーテの独り言(岩波書店...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ キムラ エイイチ
人物別名 木村栄一

木村, 榮一
生年 1943年
没年 -
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
アルテミオ・クルスの死 フエンテス作 ; 木村榮一訳 岩波書店
2019.11
黄色い雨 フリオ・リャマサーレス 著 ; 木村榮一 訳 河出書房新社
2017.2
精霊たちの家 イサベル・アジェンデ 著 ; 木村榮一 訳 河出書房新社
2017.7
精霊たちの家 イサベル・アジェンデ 著 ; 木村榮一 訳 河出書房新社
2017.7
パリに終わりはこない エンリーケ・ビラ=マタス 著 ; 木村榮一 訳 河出書房新社
2017.8
語るボルヘス J.L.ボルヘス 著 ; 木村榮一 訳 岩波書店
2017.10
ぼくはスピーチをするために来たのではありません ガブリエル・ガルシア=マルケス 著 ; 木村榮一 訳 新潮社
2014.4
謎ときガルシア=マルケス 木村榮一 著 新潮社
2014.5
グアバの香り G.ガルシア=マルケス [述] ; P.A.メンドーサ 聞き手 ; 木村榮一 訳 岩波書店
2013.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想