新谷 敬三郎   (1922-1995)

新谷敬三郎(あらや けいざぶろう、1922年 - 1995年11月)は、日本のロシア文学者、早稲田大学名誉教授。 1949年早大露文科卒。 早大助教授、教授、92年定年、名誉教授。 ドストエフスキーが専門で、バフチンのドストエフスキー論を訳した。 [著書] 『ドストエフスキイの方法』海燕書房 1974 『ドストエフスキイと日本文学』海燕書房 1976 『『白痴』を読む』白水社 1979 [翻訳] フラエルマン、ザイキン『日本のとりことなって』実業之日本社・少年少女世界の本 1958 『ベルジヤーエフ著作集 第7巻 ロシア共産主義の歴史と意味』田中西二郎共訳 白水社 1960 ミハイル・バ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アラヤ ケイザブロウ
人物別名 新谷敬三郎
生年 1922年
没年 1995年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ドストエフスキーとの対話 井桁貞義, 伊東一郎編 ; 新谷敬三郎 [ほか執筆] 水声社
2021.11
ロシア民話の世界 藤沼貴 編著 早稲田大学出版部
1996.12
交錯する言語 : 新谷敬三郎教授古稀記念論文集 新谷敬三郎教授古稀記念論文集刊行委員会 編 名著普及会
1992.3
ロシア民話の世界 藤沼貴 編著 早稲田大学出版部
1991.1
ことば対話テキスト ミハイル・バフチン 著 ; 新谷敬三郎 [ほか]訳 新時代社
1988.3
小林秀雄 「一冊の講座」編集部編 有精堂
1984.8
ソビエト文学史 アラン・プレシャック [著] ; 新谷敬三郎, 松本真一郎 共訳 白水社
1981.1
『白痴』を読む 新谷敬三郎 著 白水社
1979.12
ドストエフスキイと日本文学 新谷敬三郎 著 海燕書房
1976.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想