梶山 季之   (1930-1975)

梶山 季之(かじやま としゆき、1930年1月2日 - 1975年5月11日)は、日本の小説家・ジャーナリスト。 週刊誌創刊ブーム期にトップ屋として活躍、その後『黒の試走車』『赤いダイヤ』などの産業スパイ小説、経済小説でベストセラー作家となり、推理小説、時代小説、風俗小説などを量産するが45歳で死去。 ルポライターとして梶季彦、少年向け冒険小説として梶謙介のペンネームがある。 [人物] 土木技師の父が朝鮮総督府に勤務していたため、朝鮮の京城で生まれた。 五木寛之は南大門小学校の後輩である。 子供の時から作家志望で、小学3年頃には科学冒険小説を書いて級友に読ませていた。 1942年京城中学校入...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カジヤマ トシユキ
人物別名 梶山季之
生年 1930年
没年 1975年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
彫辰捕物帖 梶山季之 著 論創社
2008.5
彫辰捕物帖 梶山季之 著 論創社
2008.6
彫辰捕物帖 梶山季之 著 論創社
2008.7
黒の試走車 梶山季之 著 岩波書店
2007.7
族譜 李朝残影 梶山季之 著梶山季之 著 岩波書店
2007.8
ルポ戦後縦断 : トップ屋は見た 梶山季之 著 岩波書店
2007.9
辻斬り秘帖 : 時代小説 梶山季之 著 祥伝社
2005.7
赤いダイヤ 梶山季之 著 パン・ローリング
2005.1
赤いダイヤ 梶山季之 著 パン・ローリング
2005.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想