梶山 力   (1909-1941)

梶山 力(かじやま つとむ、1909年 - 1941年4月)は、昭和前期の経済社会学者。 『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』の翻訳で知られる。 肺結核のため、32歳の若さで死去。 [経歴] 岡山県出身(福山市生れ、まもなく岡山市に移転)、旧姓は田中。 第一高等学校を経て、1929年に東京帝国大学経済学部に入学。 一高以来の恩師本位田祥男のもと、ドイツ宗教改革史、ドイツ農民戦争史の研究を進める。 1933年4月、大学卒業。 1934年4月に丸の内の経済問題研究所研究員、この年、山崎朝子と結婚。 1935年4月、松山高等商業学校講師となり経済史を講じるが、病気のため12月に辞任。 療...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カジヤマ ツトム
人物別名 梶山力
生年 1909年
没年 1941年
職業・経歴等 学者
をも見よ 田中, 力(1909-1941)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
プロテスタンティズムの倫理と資本主義の《精神》 マックス・ウェーバー著 ; 梶山力訳 ; 安藤英治編 NetLibrary
2009
プロテスタンティズムの倫理と資本主義の<精神> マックス・ウェーバー 著 ; 梶山力 訳 ; 安藤英治 編 未来社
1994.11
世界の名著 尾高邦雄責任編集 中央公論社
1975
プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 マックス・ウェーバー 著 ; 梶山力, 大塚久雄 訳 岩波書店
1962
プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 マックス・ウェーバー 著 ; 梶山力, 大塚久雄 訳 岩波書店
1955
近代西欧経済史論 梶山力 著 みすず書房
1949
近代西欧経済史論 梶山力 著 みすず書房
1948
高度資本主義 ウェルナー・ゾムバルト 著 ; 梶山力 訳 有斐閣
1948
近代西欧経済史論 梶山力 著 みすず書房
昭和23
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想