荒木 昭太郎   (1930-)

荒木 昭太郎(あらき しょうたろう、1930年 - )はフランス文学者、東京大学名誉教授。 日本におけるモンテーニュ研究の第一人者、クラシック音楽にも造詣が深くフレデリック・ショパンに関する著訳書がある。 渡辺一夫の門下生。 [来歴] 横浜市に生まれる。 1948年第一高等学校に入学、1953年東京大学文学部フランス文学科を卒業、1953年から1958年まで大学院人文科学研究科仏語仏文学専門課程に在学。 1958年より東京藝術大学音楽学部で非常勤講師(1994年まで)。 1960年から1962年までフランス政府留学生としてパリ大学に、1972年から1974年まで文部省在外研究員としてパリに滞...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アラキ ショウタロウ
人物別名 荒木昭太郎
生年 1930年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
モンテーニュとの対話 荒木昭太郎 著 春秋社
2007.5
ショパン瑠璃色のまなざし 荒木昭太郎 著 春秋社
2004.7
エセー モンテーニュ [著] ; 荒木昭太郎 訳 中央公論新社
2003.3
エセー モンテーニュ [著] ; 荒木昭太郎 訳 中央公論新社
2002.9
エセー モンテーニュ [著] ; 荒木昭太郎 訳 中央公論新社
2002.10
モンテーニュ 荒木昭太郎 著 中央公論新社
2000.12
モンテーニュとメランコリー マイケル・A.スクリーチ [著] ; 荒木昭太郎 訳 みすず書房
1996.10
ショパン カミーユ・ブールニケル 著 ; 荒木昭太郎 訳 音楽之友社
1994.8
モンテーニュとエセー ロベール・オーロット 著 ; 荒木昭太郎 訳 白水社
1992.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想