河津 暹   (1875-1943)

河津 暹(かわづ すすむ、1875年(明治8年)1月20日 - 1943年(昭和18年)3月28日)は、日本の経済学者・社会政策学者。 法学博士・東京帝国大学名誉教授。 しばしば有職読みで「せん」とも称される。 [略歴] 河津祐之の長男として東京府(現在の東京都)に生まれる。 本家の伯父・河津祐賢の家督を継ぎ、旧制二高(現・東北大学)を経て1899年(明治32年)7月、東京帝国大学法科大学(現・東京大学法学部)政治学科を首席で卒業(いわゆる第1回「銀時計組」)、東京帝国大学大学院(経済学専攻)に入学した。 翌1900年6月、欧州(イギリス・ドイツ)留学に出発し、留学中の1901年3月、東京帝...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カワズ セン
人物別名 河津暹
生年 1875年
没年 1943年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
社会政策大系 長谷川良信 編 日本図書センター
2002.5
経済原論 河津暹 著 明善社
1950
経済原論 河津暹 著 明善社
1948
経済原論 河津暹 著 明善社
1948
富の分配 : 所得の構成 河津暹 著 明善社
昭和16
植民と植民政策 河津暹 著 有斐閣
1940
金融市場と金融政策 河津暹 著 有斐閣
1940
金融市場と金融政策 河津暹 著 有斐閣
1940
経済政策体系 河津暹 著 有斐閣
昭15
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想