服部 土芳   (1657-1730)

服部 土芳(はっとり とほう、明暦3年(1657年) - 享保15年1月18日(1730年3月6日))は江戸時代前期の俳人である。 松尾芭蕉と同郷の後輩で、蕉門十哲の1人に加えられることもある。 芭蕉晩年の俳論を整理した『三冊子』などの著書を残した。 伊賀上野に生まれた。 本名は保英、通称は半左衛門。 藤堂藩士・木津三郎兵衛保向の三男に生まれる。 服部家の婿養子となり藤堂藩に出仕する。 幼いころに芭蕉に俳諧を学び、はじめ蘆馬(芦馬)と号した。 貞享2年(1685年)、水口宿(滋賀県)で旅の途中の芭蕉と20年ぶりに再会し、翌年、藩を致仕して俳諧に専念する。 貞享5年(1688年)、庵を開き、訪れ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハットリ ドホウ
人物別名 服部土芳

土芳

保英

半左衛門

芦馬
生年 1657年
没年 1730年
職業・経歴等 俳人

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
新編日本古典文学全集 奥田 勲;表 章;堀切 実;復本 一郎【校注・訳】 小学館
2001.9
日本俳書大系 勝峰晋風 編 日本図書センター
1995.8
去来抄 三冊子 旅寝論 向井去来 著服部土芳 著 ; 向井去来 著 ; 潁原退蔵 校訂 岩波書店
1993.8
芭蕉伝記の諸問題 今栄蔵 著 新典社
1992.9
三冊子 : 芭蕉翁記念館本 服部土芳 編著 ; 富山奏 編 桜楓社
1990.5
三冊子 服部土芳 編著 ; 富山奏 編 桜楓社
1972
日本古典文学大系 木藤才藏校注 ; 井本農一校注 岩波書店
1961
庵日記・横日記 服部土芳 著 ; 沖森直三郎 編 沖森書店
1959
庵日記・横日記 服部土芳 著 ; 沖森直三郎 編 沖森書店
1959
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想