陸 游   (1125-1210)

陸 游(りく ゆう、1125年11月13日(宣和7年10月17日) - 1210年1月26日(嘉定2年12月29日))は、南宋の政治家・詩人。 字は務観。 号は放翁。 通常は「陸放翁」の名で呼ばれる。 越州山陰(現在の浙江省紹興市)出身。 南宋の代表的詩人で、范成大・尤袤・楊万里とともに南宋四大家のひとり。 とくに范成大とは「范陸」と並称された。 現存する詩は約9200首を数える。 その詩風には、愛国的な詩と閑適の日々を詠じた詩の二つの側面がある。 強硬な対金主戦論者であり、それを直言するので官界では不遇であったが、そのことが独特の詩風を生んだ。 [生涯] 祖父は陸佃。 父の陸宰が家族と共に...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ リク ユウ
人物別名 陸游

放翁

務観
生年 1125年
没年 1210年
職業・経歴等 詩人

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
陸放翁鑑賞 河上肇著 ; 一海知義校訂 岩波書店
2018.11
陸游詩選 陸游 [著] ; 一海知義 編 岩波書店
2007.12
陸放翁鑑賞 河上肇 著 ; 一海知義 校訂 岩波書店
2004.9
陸游 前野直彬 著 集英社
1997.2
陸詩考實 : 本傳年譜 市河寛斎 著 朋友書店
1996.5
陸游 陸 游【著】;一海 知義【注】 岩波書店
1990.9.25
入蜀記 陸游 著 ; 岩城秀夫 訳 平凡社
1986.12
新修中国詩人選集 陸游, 高啓 [著] ; 一海知義, 入谷仙介注 岩波書店
1984.1
中国の詩集 : カラー版 石川忠久訳 角川書店
1973
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想