黄 庭堅   (1045-1105)

黄 庭堅(こう ていけん、慶暦5年(1045年) - 崇寧4年9月30日(1105年11月8日))は、中国北宋時代の書家、詩人、文学者である。 洪州分寧(現在の江西省修水県)の人。 字は魯直(ろちょく)、号は山谷道人(さんこくどうじん)、涪翁(ふうおう)などがある。 黄山谷と呼ばれることが多い。 宋代の詩人においては蘇軾・陸游と並び称され、書家としては蘇軾、米芾、蔡襄とともに宋の四大家に数えられる。 「詩書画三絶」と讃えられ、師の蘇軾と名声を等しくして蘇黄と呼ばれた。 子孫に清代の詩人、黄景仁がいる。 [生涯] 治平3年(1066年)に23歳で進士に及第した。 黄庭堅は王安石の新法派と意見を...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コウ テイケン
人物別名 黄庭堅

魯直

山谷道人

八桂老人
生年 1045年
没年 1105年
職業・経歴等 詩人

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
尚意競艶 : 宋時代の書 東京国立博物館, 台東区立書道博物館 編 台東区芸術文化財団
2012.10
松風閣詩巻・寒山子ホウ居士詩巻 : 宋 黄庭堅 書 二玄社
2006.3
宋四家墨蹟選 : 宋 蘇軾, 黄庭堅, 蔡襄, 米フツ 書 二玄社
2006.3
山谷詩抄 : 嘯岳鼎虎禪師自筆本 : 長州毛利洞春寺蔵 嘯岳鼎虎 [著] 洞春寺
2006.10
蘇軾・黄庭堅・米フツ 蘇軾, 黄庭堅, 米フツ 筆 中央公論新社
2001.10
黄庭堅 黄庭堅 著 ; 倉田淳之助 著 集英社
1997.1
SANKOKU SHI SHUCHU - 本の友社
1996
SANKOKU SHI SHUCHU - 本の友社
1996
黄庭堅 中田勇次郎 著 二玄社
1994.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想