荒川 洋治   (1949-)

荒川 洋治(あらかわ ようじ、1949年4月18日 - )は、日本の現代詩作家、エッセイストである。 愛知淑徳大学教授。 [来歴・人物] 福井県三国町出身。 福井県立藤島高等学校、早稲田大学第一文学部文芸科卒業。 卒業論文として提出された『娼婦論』は平岡篤頼の推薦で小野梓記念賞芸術賞を受賞。 26歳で詩集『水駅』を刊行し、H氏賞を受賞、以後、多くの詩集・エッセイ・評論を刊行している。 日本近代小説の読み巧者でもある。 1974年から詩を専門にする出版社である紫陽社を経営。 大阪文学学校、青山学院大学、早稲田大学等で教えた。 2013年愛知淑徳大学教授。 『坑夫トッチルは電気をつけた』で、「宮...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アラカワ ヨウジ
人物別名 荒川洋治
生年 1949年
没年 -
職業・経歴等 パーソナリティ・DJ

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
霧中の読書 荒川洋治 [著] みすず書房
2019.10
北山十八間戸 荒川洋治著 気争社
2016.9
過去をもつ人 荒川洋治 [著] みすず書房
2016.7
文学の空気のあるところ 荒川洋治 著 中央公論新社
2015.6
おやつ 阿川佐和子, 阿部艶子, 荒川洋治, 安野モヨコ, 池波正太郎, 伊集院光, 五木寛之, 井上靖, 内館牧子, 内田百閒, 江國香織, 尾辻克彦, 開高健, 角田光代, 木皿泉, 久住昌之, 久保田万太郎, 幸田文, 小島政二郎, 酒井順子, 佐藤愛子, 獅子文六, 柴崎友香, 東海林さだお, 武田百合子, 辰野隆, 種村季弘, 團伊玖磨, 筒井ともみ, 長嶋有, 中村汀女, 蜂飼耳, 林望, 藤森照信, 古川緑波, 三浦哲郎, 南伸坊, 向田邦子, 村上春樹, 森茉莉, 森村桂, 矢川澄子 著 パルコエンタテインメント事業部
2014.2
文学のことば 荒川洋治 著 岩波書店
2013.7
蜂飼耳詩集 蜂飼耳 著 思潮社
2013.7
高見順を知る 荒川洋治著 気争社
2013.8
詩とことば 荒川洋治 著 岩波書店
2012.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想