川合 貞一   (1870-1955)

川合 貞一(かわい ていいち、明治3年3月29日(1870年4月29日) - 昭和30年(1955年)6月19日)は、明治から昭和初期にかけての哲学者、文学博士、慶應義塾大学名誉教授。 [経歴] 美濃国安八郡(現・岐阜県大垣市)生まれ。 明治25年(1892年)に第一回卒業生として慶應義塾大学部文学科を卒業する。 新潟尋常師範学校教授を経て明治29年(1896年)より慶應義塾大学部文学科の教授となる。 明治31年(1898年)に慶應義塾が行った第一回のドイツ留学生として選抜され、日本最初の海外留学生としてヴィルヘルム・ヴントの心理学研究室に客員として入室を許された。 哲学、教育学及び心理学を...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カワイ テイイチ
人物別名 川合貞一
生年 1870年
没年 1955年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
現代心理学の傾向および部門 ; 連合派・行動派 ; ゲシタルト心理学 ; 了解心理学 ; 精神分析派 ; 病理学派・社会学派 : フランス心理学派 ; 本邦心理学のあゆみ ; 人物評伝 ; 人物評伝 ; 人物評伝 ; 人物評伝 ; 現代ドイツ心理学 ; 法令に規定されている心理学者の職場 大脇義一 [著] ; 今田恵[著] ; 千輪浩[著] ; 上村福幸 [著] ; 懸田克躬 [著] ; 宮城音彌 [著] ; 渡辺徹 [著] ; 大脇義一, 木村禎司, 懸田克躬[著] ; 木村禎司 [ほか著] ; 川合貞一[ほか著] ; 大脇義一[ほか著] ; 前田嘉明, 霜山徳爾[著] ; 渡辺徹[著] 中山書店
[1953.3-1954.4]
人物評伝 川合貞一[ほか著] 中山書店
1953.9
唯物論史 : 現代に於けるその意義の批判 フリードリヒ・アルバート・ランゲ 著 ; 川合貞一 訳 実業之日本社
1949
唯物論史 : 現代に於けるその意義の批判 フリードリー・アルバート・ランゲ 原著 ; 川合貞一 訳補 実業之日本社
昭和23
マルクシズムの哲学的批判 川合貞一 著 丁子屋書店
昭和23
マルクシズムの哲学的批判 川合貞一 著 丁子屋書店
1948
マルクシズムの哲学的批判 川合貞一 著 丁子屋書店
1948
歴史哲学 ヘルダー 著 ; 田中萃一郎, 川合貞一 共訳 丁子屋書店
昭和23
ヘルダー歴史哲学 ヘルダー 著 ; 田中萃一郎, 川合貞一 共訳 丁子屋
昭和23
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想