河原 忠彦   (1920-)

河原 忠彦(かわはら ただひこ、1920年 - )は、ドイツ文学者、東京大学名誉教授。 第一高等学校から1949年東大独文科卒。 横浜国立大学講師、1953年東大教養学部助教授、教授。 1981年定年退官、名誉教授。 明治大学教授を務め、1991年退職。 [著書] 十八世紀の独仏文化交流の諸相 白凰社 1993.3(明治大学人文科学研究所叢書) シュテファン・ツヴァイク ヨーロッパ統一幻想を生きた伝記作家 中公新書 1998.2 [翻訳] ロダンへの手紙 リルケ全集 第10 弥生書房 1961 ツヴァイク全集 第16 マゼラン、アメリゴ 関楠生共訳 みすず書房 1962 星のギリシア神話...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カワハラ タダヒコ
人物別名 河原忠彦
生年 1920年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ゲーテ全集 ゲーテ 著 ; 河原忠彦, 山崎章甫 訳 潮出版社
2003.7
ゲーテ全集 ゲーテ 著 ; 山崎章甫, 河原忠彦 訳 潮出版社
2003.7
シュテファン・ツヴァイク : ヨーロッパ統一幻想を生きた伝記作家 河原忠彦 著 中央公論社
1998.2
マゼラン ツヴァイク [著] ; 関楠生, 河原忠彦 訳. アメリゴ / ツヴァイク [著] ; 河原忠彦 訳 みすず書房
1998.8
片山敏彦著作集 片山敏彦 著 日本図書センター
1998.9
十八世紀の独仏文化交流の諸相 河原忠彦 著 白凰社
1993.3
宝暦の詩人藪孤山 : 詩とその心 今田哲夫 著 白凰社
1991.10
星のギリシア神話 シャーデヴァルト 著 ; 河原忠彦 訳 白水社
1988.9
ドイツ近代文芸理論の成立と展開 : 啓蒙主義からロマン主義まで 河原忠彦研究代表 河原忠彦
1980.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想