新井 恒易   (1912-)

新井 恒易(あらい つねやす、1912年12月 - 1999年)は、芸能学者、教育評論家。 埼玉県比企郡(現東松山市)生まれ。 戦後『日本教育年鑑』の編集・執筆を行い、祭りと芸能の研究などを行う。 1982年『農と田遊びの研究』で角川源義賞受賞。 [著書] 社会科教育に資する新教育と郷土の科学 西荻書店 1948 危機の学生運動 歴史とその展望 明治書院 1952 日教組運動史 日本出版協同 1953 日本の祭と芸能 吉川弘文館 1956 愛国心と教育 1958 (三一新書) 能の研究 古猿楽の翁と能の伝承 新読書社 1966 中世芸能の研究 呪師・田楽・猿楽 新読書社 1970 続 中世芸...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アライ ツネヤス
人物別名 新井恒易
生年 1912年
没年 -
職業・経歴等 民俗学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
教育基本法問題文献資料集成 平原春好 責任編集 日本図書センター
2007.1
文献選集《愛国心》と教育 市川昭午, 貝塚茂樹 監修 日本図書センター
2007.4
教育基本法問題文献資料集成 平原春好 責任編集 日本図書センター
2006.6
恍惚と笑いの芸術<猿楽> 新井恒易 著 新読書社
1993.9
日本の祭りと芸能 新井恒易 著 ぎょうせい
1990.2
仏教行事歳時記 新井恒易 [ほか] 執筆 第一法規
1988.11
農と田遊びの研究 新井恒易 著 明治書院
1981.5
現代世界教育史 原田種雄, 新井恒易 編著 ぎょうせい
1981.9
講座日本の民俗宗教 五来重 ほか編 弘文堂
1979.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想