片山 信夫   (1910-)

片山 信夫(かたやま のぶお、1910年1月17日 - 1997年3月4日)は、日本の地球科学者。 専門は鉱物学・鉱床学。 東京都生まれ。 父の片山正夫(1877 - 1961)は東京帝国大学理学部化学教室教授を務めた化学者であり、液体の表面張力と温度の関係式(片山の式)で知られる。 [経歴] 1933年に東京帝国大学理学部鉱物学科を卒業、直ちに同理学部助手となり、1938年講師に昇任。 1939年に商工省工業技術院地質調査所(戦時中は地下資源調査所と呼ぶ)へ転任し、主に東南アジアの鉱産物資源調査・開発に従事。 1946年同省地質調査所(現産業技術総合研究所)勤務となる。 1949年には、発...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カタヤマ ノブオ
人物別名 片山信夫
生年 1910年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
地学辞典 木村敏雄 等編 古今書院
1973
地学 片山信夫著 中教
[1972]
地学 片山信夫ほか著 中教
[1972]
地学の教養 片山信夫編 岩崎放送出版
-
地学辞典 竹内均 等編 古今書院
1970
地学辞典 竹内均 等編 古今書院
1970
地学 片山信夫監修 中教
1970
地学 片山信夫監修 中教
[1969]
地学精義 片山信夫 著 培風館
1967
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想