片岡 義男   (1940-)

片岡 義男(かたおか よしお、1940年3月20日 - )は、日本の小説家、エッセイスト、写真家、翻訳家、評論家である。 [人物] 東京生まれ。 4歳まで東京で過ごし、戦時疎開で山口県の岩国に移り、5歳で終戦を迎える(広島に投下された原爆のキノコ雲を目撃、記憶している)。 10歳のとき広島県の呉に移り、合わせて9年間瀬戸内で過ごして東京に戻る(13歳)。 のち都立千歳高校を経て、早稲田大学法学部卒業。 祖父の片岡仁吉は山口県の周防大島出身で、ハワイに移民した人物。 父の定一は日系二世で、片岡義男自身も少年期にハワイに在住し、当地で教育を受けた経験がある。 大学在学中の1960年代初頭よりライ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カタオカ ヨシオ
人物別名 片岡義男
生年 1940年
没年 -
職業・経歴等 小説家
をも見よ テディ片岡(1940-)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
豆大福と珈琲 片岡義男著 朝日新聞
2019.4
窓の外を見てください 片岡義男著 講談社
2019.7
珈琲が呼ぶ 片岡義男 著 光文社
2018.1
コーヒーにドーナツ盤、黒いニットのタイ。 片岡義男 著 光文社
2016.2
と、彼女は言った 片岡義男 著 講談社
2016.4
ジャックはここで飲んでいる 片岡義男 著 文芸春秋
2016.5
冒険の森へ 集英社クリエイティブ【編】 集英社
2016.6
豆大福と珈琲 片岡義男 著 朝日新聞
2016.9
万年筆インク紙 片岡義男 著 晶文社
2016.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想