片倉 衷   (1898-1991)

片倉 衷(かたくら ただし、1898年(明治31年)5月18日 - 1991年(平成3年)7月23日)は、日本の陸軍軍人。 最終階級は陸軍少将。 [経歴] 仙台に片倉小太郎陸軍大佐の次男として生まれる。 熊本中学校、熊本陸軍地方幼年学校、陸軍中央幼年学校を経て1917年(大正6年)12月に陸軍士官学校(第31期)に入校。 1919年(大正8年)5月、同校を卒業し士官候補生、同年12月に陸軍歩兵少尉に任官され、歩兵第27連隊附を命ぜられる。 1922年(大正11年)12月に歩兵中尉に進級し陸軍大学校(第40期)に入校、1928年(昭和3年)12月、同校を卒業した。 1929年(昭和4年)3月に...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カタクラ タダシ
人物別名 片倉衷
生年 1898年
没年 1991年
職業・経歴等 実業家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
片倉衷氏談話速記録 - 日本近代史料研究会
1983.10
片倉衷氏談話速記録 [伊藤隆編] 日本近代史料研究会
1982.12
片倉参謀の証言叛乱と鎮圧 片倉衷 著 芙蓉書房
1981.2
回想の満洲国 片倉衷 著 経済往来社
1978.3
インパール作戦秘史 : 陸軍崩壊の内側 片倉衷 著 経済往来社
1975
戦陣随録 片倉衷 著 経済往来社
1972
挫折した理想国 : 満洲国興亡の真相 片倉衷, 古海忠之 共著 現代ブック社
1967
通俗協和會の話 片倉衷述 ; 小山貞知編輯 満州評論社
1937.6
滿洲國經濟政策の現在と將來に就て ; 滿支貿易の現状並に將來 [片倉衷述] ; [竹内徳治述] 帝国在郷軍人会
1936.1
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想