加太 こうじ   (1918-1998)

加太 こうじ(かた こうじ、1918年1月11日 - 1998年3月13日)は、日本の評論家、庶民文化研究家、紙芝居作家。 [経歴] 東京市浅草区神吉町(現・東京都台東区東上野四丁目、五丁目辺り)の貧困家庭に生まれ、荒川区尾久に育つ。 本名は加太一松(かぶと かずまつ)だが、名門の加太家の血筋を誇る父に反発し、尋常小学校5年の時から「かた」と名乗るようになった(『ふたりの昭和史』p.114)。 師範学校への進学を希望していたが、給費制度廃止のために断念し、紙芝居の世界で働きながら太平洋美術学校を卒業。 紙芝居の世界に入ったのは高等小学校在学中の14歳の時で、高等小学校卒業後、一度は逓信省に入...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カタ コウジ
人物別名 加太こうじ

加太, 一松
生年 1918年
没年 1998年
職業・経歴等 評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
紙芝居昭和史 加太こうじ 著 岩波書店
2004.8
物語江戸の事件史 加太こうじ 著 中央公論新社
2000.4
こどもの四季 加太こうじ ぶん ; 滝平二郎 きりえ 河出書房新社
2000.9
加太こうじ : 街の自叙伝 加太こうじ 著 日本図書センター
1997.6
文化とは何だろうか 鶴見俊輔 著 晶文社
1996.5
東京四方山ばなし : 江戸っ子"加太こうじ" 加太こうじ 著 リバティ書房
1995.4
懐かしの紙芝居 東健児作 ; 野田新太郎画 大空社
1995.1
水戸黄門漫遊せず ; 大岡越前裁かず ; 実録・天保水滸伝 ; ペリー艦隊来航す ; 大江戸黒船パニック ; 蒙古軍来たる [井上ひさし, 野口武彦著] ; [加太こうじ, 平松義郎著] ; [笹沢左保, 森安彦著] ; [木村尚三郎著] ; [草柳大蔵著] ; [野呂邦暢, 川添昭二著] 日本放送出版協会
1994
帰ってきたぞ黄金バット 加太こうじ作画[ほか] ; 下町風俗保存会紙芝居部[編] BIOS
1994
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想