笠間 杲雄   (1885-1945)

笠間 杲雄(かさま あきお 1885年11月 - 1945年4月1日)は、日本の外交官。 戦前日本においては数少ないイスラーム圏に関する専門家の一人であり、また阿波丸事件の犠牲者としても知られている。 [経歴] 東京府東京市神田区神田末広町(現在の東京都千代田区外神田三丁目)の出身。 1909年、東京帝国大学法科大学卒業後、文官高等試験に合格し、鉄道院に入った。 1918年には外務省に移り、参事官兼外務書記官に任官。 その後、情報部第2課長、欧州各地の大使館在勤を経験した。 特に1928年に開催された第2回国際移民会議日本代表を務め、その後はペルシャ、ポルトガル公使を歴任した後、1938年に...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カサマ アキオ
人物別名 笠間杲雄
生年 1885年
没年 1945年
職業・経歴等 外交官

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
南方の音楽・舞踊 田邊尚雄 ほか共著 ; 太平洋協会 編 大空社
2003.9
波斯より土耳古まで 縫田栄四郎 ほか著 ゆまに書房
2002.9
明治後期産業発達史資料 諸戸北郎編輯 ; アックウォース[原著] ; 十河信二, 笠間杲雄譯 ; 鐵道共攻會編纂 竜渓書舎
1994.11
大東亜の回教徒 笠間杲雄 著 ; 太平洋協会 編 六興商会出版部
昭和18
大東亜の回教徒 笠間杲雄 著 六興商会出版部
1943
南方の音楽・舞踊 田辺尚雄 等著 六興商会出版部
1942
青刷飛脚 笠間杲雄 著 六興出版部
昭和16
囘教徒 笠間杲雄 著 岩波書店
1941 4刷
青刷飛脚 笠間杲雄 著 六興商会出版部
昭和16
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想