兼子 一   (1906-1973)

兼子 一(かねこ はじめ、1906年12月18日 - 1973年4月6日)は、日本の法学者。 専門は民事訴訟法。 元東京大学教授。 従三位勲一等瑞宝章。 [学説] 兼子は、日本における民事訴訟法学の独自性の基礎を築いた人物である。 兼子は、民事訴訟の目的を紛争の解決にあるとして上で、訴権論については、紛争の解決は裁判所が本案判決によって実体法上の権利義務の存否を明らかにすることによって達せられるとして本案判決請求権説をとり、訴訟物については、実体法上の請求権を基準に律する旧訴訟物理論・実体法説をとり、立証責任の分配については、実体法の条文を基礎に決定する法律要件分類説をとり、既判力の本質につ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カネコ ハジメ
人物別名 兼子一
生年 1906年
没年 1973年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
要説民事訴訟法 兼子一 著 弘文堂
2014.12
条解民事訴訟法 兼子一 原著 ; 松浦馨, 新堂幸司, 竹下守夫, 高橋宏志, 加藤新太郎, 上原敏夫, 高田裕成 著 弘文堂
2011.4
民事訴訟法 兼子一, 竹下守夫 著 弘文堂
2008.10
裁判法 兼子一, 竹下守夫 著 有斐閣
1999.10
實體法と訴訟法 : 民事訴訟の基礎理論 兼子一 著 有斐閣
1997.8
裁判法 兼子一, 竹下守夫 著 有斐閣
1994.3
民事訴訟法 兼子一, 竹下守夫 著 弘文堂
1993.7
訴訟のはなし 兼子一 著 有信堂高文社
1992.11
判例工業所有権法 染野義信, 染野啓子 編著 第一法規
1991.10-2006
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想