松本 寛大   (1971-)

松本 寛大(まつもと かんだい、1971年 - )は、日本の小説家・推理作家。 北海道生まれ、札幌市在住。 新潟大学法学部卒業。 2008年、『玻璃の家』で第1回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞。 選考委員の島田荘司は「もう充分に傑作の領域にある」と評した。 2009年、同作で作家デビュー。 [略歴] 江戸川乱歩の『怪人二十面相』に出会ってミステリーを読み始める。 小学生のときに好きだった小説はヴァン・ダイン『僧正殺人事件』やエラリー・クイーン『Xの悲劇』、江戸川乱歩の『パノラマ島奇談』、『化人幻戯』。 中学生になるとホラー小説に傾倒し、このころにラヴクラフト作品とも出会った。 第8...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マツモト カンダイ
人物別名 松本寛大

Matsumoto, Kandai
生年 1971年
没年 -
職業・経歴等 小説家

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想