荒畑 寒村   (1887-1981)

荒畑 寒村(あらはた かんそん、1887年(明治20年)8月14日 - 1981年(昭和56年)3月6日)は、日本の社会主義者・労働運動家・作家・評論家。 日本共産党と日本社会党の結党に参加するが、のち離党。 戦後1946年から1949年まで衆議院議員を務める。 本名は、勝三。 [来歴] 神奈川県横浜市永楽町の横浜遊郭内で生まれる。 幼少期を現在の横浜市港南区野庭ですごす。 高等小学校卒後、外国人商館でボーイとして働き、キリスト教に改宗。 横須賀の海軍工廠に勤務する中で、『萬朝報』紙に堺利彦と幸徳秋水が共同で書いた反戦詩・退社の辞に感動して労働運動に参加。 秋水と堺が発行する週刊『平民新聞』...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ アラハタ カンソン
人物別名 荒畑寒村
生年 1887年
没年 1981年
職業・経歴等 衆議院議員
をも見よ 荒畑, 勝三(1887-1981)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本文学100年の名作 池内紀, 川本三郎, 松田哲夫 編 新潮社
2014.9
明治記録文學集 神崎清編 筑摩書房
2013.1.25
近代日本社会学史叢書 近代日本社会学史叢書編集委員会 編 竜渓書舎
2010.2
コミンテルン・ドキュメント ジェーン・デグラス 編著 ; 荒畑寒村, 大倉旭, 救仁郷繁 訳 現代思潮新社
2008.3
大スパイ : 革命のユダ ニコライェフスキー 著 ; 荒畑寒村 訳 現代思潮新社
2008.3
寒村茶話 荒畑寒村 著 デジタルパブリッシングサービス
朝日新聞社
2003.6
谷中村滅亡史 荒畑寒村 著 岩波書店
1999.5
荒畑寒村 : ひとすじの道 荒畑寒村 著 日本図書センター
1997.6
春、雪ふる : 荒畑寒村戦中日誌 荒畑寒村 著 不二
1993.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想