兼原 信克   (1959)

兼原 信克(かねはら のぶかつ、1959年(昭和34年)1月22日 - )は、日本の外交官。 外務省国際法局長を経て、2012年(平成24年)から内閣官房副長官補。 2014年(平成26年)から国家安全保障局次長兼務。 [人物・経歴] 山口県阿武町出身。 東京大学在学中の1980年(昭和55年)外務公務員採用上級試験に合格する。 1981年(昭和56年)東京大学法学部第二類を卒業して、外務省に入省する。 1985年(昭和60年)4月 欧州共同体(EC)代表部二等書記官 1986年(昭和61年)11月 外務省条約局法規課課長補佐 1990年(平成2年)8月 欧亜局ソヴィエト連邦課課長補佐 1...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カネハラ ノブカツ
人物別名 兼原信克
生年 1959年
没年 -
職業・経歴等 大使

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
自衛隊最高幹部が語る令和の国防 岩田清文 [ほか] 著 新潮社
2021.4
安全保障戦略 兼原信克著 日経BPマーケティング
日経BP日本経済新聞出版
2021.4
安全保障戦略 兼原信克著 日経BPマーケティング
日経BP日本経済新聞出版
2021.4
現実主義者のための安全保障のリアル : 中国は必ず台湾、尖閣、南シナ海奪取に動く 兼原信克著 ビジネス社
2021.10
日本の対中大戦略 兼原信克著 PHP研究所
2021.12
歴史の教訓 : 「失敗の本質」と国家戦略 兼原信克著 新潮社
2020.5
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想