磯崎 憲一郎   (1965-)

磯崎 憲一郎(いそざき けんいちろう、1965年2月28日 - )は、日本の小説家。 [経歴・人物] 千葉県我孫子市に生まれる。 東京都立上野高等学校、早稲田大学商学部卒業。 三井物産勤務の傍らで40歳を前に小説を書き始め、2007年に「肝心の子供」で第44回文藝賞受賞。 「肝心の子供」はブッダとその息子、孫の三世代を描いた中編であり、審査員の一人であった保坂和志からは「素晴らしい身体性を持ったボルヘス」と評された。 2008年の「眼と太陽」(第139回芥川賞候補)、「世紀の発見」などを経て、2009年、「終の住処」で第141回芥川賞受賞。 受賞時は 三井物産本店の人事総務部人材開発室次長を...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イソザキ ケンイチロウ
人物別名 磯崎憲一郎

磯﨑, 憲一郎

Isozaki, Ken'ichirō
生年 1965年
没年 -
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
「利他」とは何か 伊藤亜紗編 ; 中島岳志 [ほか著] 集英社
2021.3
鳥獣戯画 ; 我が人生最悪の時 磯﨑憲一郎 [著] 講談社
2021.10
日本蒙昧前史 磯﨑憲一郎著 文芸春秋
2020.6
金太郎飴 : 磯崎憲一郎エッセイ・対談・評論・インタビュー2007-2019 磯崎憲一郎著 河出書房新社
2019.12
最后的居所 矶崎宪一郎著 ; 李征译 上海文芸出版社
2013.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想