神山 茂夫   (1905-1974)

神山 茂夫(かみやま しげお、1905年2月1日 - 1974年7月8日)は、左翼の社会運動家。 山口県下関市生まれ。 [経歴] 成城中学校卒。 給仕、肉体労働者などを経て、1929年日本共産党に入党、1930年に全協刷新同盟を組織する。 1935年と1941年の2度検挙される。 1947年志賀義雄と論争。 1949年の総選挙で東京5区から立候補して当選、衆議院議員となる。 1950年公職追放。 日本共産党の1950年分裂では主流派と国際派のうち、国際派に属し、のち神山分派または神山派とよばれる独自の動きを行った。 1954年には党より除名されるが1958年復党する。 しかし、1964年に再...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カミヤマ シゲオ
人物別名 神山茂夫
生年 1905年
没年 1974年
職業・経歴等 政治運動家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
天皇制に関する理論的諸問題 神山茂夫 著 ; 津田道夫 編 こぶし書房
2003.6
神山茂夫著作集 - 三一書房
1975
神山茂夫著作集 - 三一書房
1975
神山茂夫著作集 - 三一書房
1975
神山茂夫著作集 - 三一書房
1975
わが遺書 神山茂夫 著 現代評論社
1975
海洋汚染 神山茂夫, 古屋能子 編著 三一書房
1973
日本共産党とは何であるか 神山茂夫 著 自由国民社
1972
日本共産党戦後重要資料集 神山茂夫 編著 三一書房
1971
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想