上武 正二   (1909-1983)

上武正二(かみたけ まさじ、1909年 - 1983年7月28日)は、心理学者。 1935年東京文理科大学心理学科卒、ベルリン大学に学ぶ。 東京教育大学助教授、教授、教育学部長。 62年「双生児法による心的遺伝の研究」で東京教育大学文学博士。 65年定年退官、名誉教授、明星大学教授。 [著書] 『児童心理』誠文堂新光社、1950、教職教養シリーズ 『新発達心理学』金子書房、1951 『精神機能における遺伝と環境 双生児法による実証的研究』誠文堂新光社、1971 『発達心理学総説』金子書房、1974 [著書] 『児童心理選書 第3巻 子どもの反抗』編、金子書房、1957 『ほめ方・しかり方...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カミタケ マサジ
人物別名 上武正二
生年 1909年
没年 1983年
職業・経歴等 心理学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本の子ども研究 : 明治・大正・昭和 大泉溥 編・解説 クレス
2010.2
乳幼児心理学 上武正二,辰野千寿編 協同
1977.6
発達心理学総説 上武正二 著 金子書房
1974
児童心理学事典 上武正二 等編 協同
1974
精神機能における遺伝と環境 : 双生児法による実証的研究 上武正二 著 誠文堂新光社
1971
幼児心理学 上武正二 編 協同
1970
児童心理学 上武正二 編 協同
1970
知能の心理学 上武正二, 辰野千寿 編 新光閣書店
1968
児童心理 上武正二 著 誠文堂新光社
1968
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
新発達心理学 上武 正二
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想