成賢   (1162-1231)

成賢(じょうけん/せいけん、応保2年(1162年) - 寛喜3年9月19日(1231年10月16日))は鎌倉時代前期の真言宗の僧。 藤原南家の出身で、中納言・藤原成範の子。 遍智院僧正、宰相僧正と称された。 若くして醍醐寺の叔父勝賢に師事して諸経論を学び、文治元年(1185年)三宝院に入り、11月勝賢より灌頂を受ける。 建久4年(1193年)勝賢の権僧正辞退にかわり権律師に任ぜられ、正治2年(1200年)には権少僧都に進む。 建仁3年(1203年)に醍醐寺座主に補任された。 元久2年(1205年)に座主を持して良海に譲るが、翌年再び座主に復任して、建永2年(1207年)祈雨の功で法印に叙せられ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ジョウケン
人物別名 Zyouken

Seigen

Seiken
生年 1162年
没年 1231年
職業・経歴等

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
成賢作法集 成賢 記 ; 中西啓寶, 布施浄慧, 大沢聖寛 監修 ; 佐藤正伸 編集代表 ; 川崎一洋 編著 四季社
2003.6
雑念集 澄憲 著 ; 成賢 筆 竜門文庫
1987.3
纂元面授 成賢 立体社
1977
立川流聖教類纂 - 立体社
1969
理趣経 : 目なし経 静遍, 成賢写 大東急記念文庫
1955
薄初重手鑑 - 書写者不明
[享和2 (1802)]
薄二重手鑑 - 書写者不明
[享和2 (1802)]
金剛界念誦次第 : 四度行者所用 成賢 著 太融寺
[ ]
薄双紙 成賢 著 ; 葦原寂照 校 太融寺
〔 〕
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想