吉田 松陰   (1830-1859)

山口生まれ。父は萩藩士杉百合之助。山鹿流兵学師範であった吉田家の養子となる。藩校明倫館を経て、諸国を遊学。佐久間象山のもとで砲術と蘭学を学ぶ。安政元年(1854)海外密航を企て、下田港のアメリカ軍艦ポーハタン号に乗り込もうとしたが、拒絶され投獄。のち萩の野山獄に移されるが、翌年免獄となり実家杉家に幽閉の身となる。その間松下村塾を開き、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文、山県有朋ら約80人の門人を集め、幕末から明治にかけて活躍した人材育成の場となった。安政6年(1859)、安政の大獄により江戸で刑死した。

「近代日本人の肖像」より

Wikipedia「吉田松陰

「青空文庫」より

吉田 松陰(よしだ しょういん)は、日本の武士(長州藩士)、思想家、教育者、兵学者、地域研究家。 一般的に明治維新の精神的指導者・理論者として知られる。 [名前] 幼時の名字は杉(本姓不明)。 幼名は寅之助。 吉田家に養子入り後、大次郎と改める。 通称は寅次郎。 諱は矩方(のりかた)。 字は義卿、号は松陰の他、二十一回猛士。 「二十一回」については、名字の「杉」の字を「十」「八」「三」に分解し、これらを合計した数字が「二十一」となること、および、「吉田」の「吉」を「十一口」、「田」を「十口」に分解でき、これらを組み合わせると「二十一回」となることによりつけられている。 [生涯] 文政13年...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヨシダ ショウイン
人物別名 吉田松陰

吉, 義生

吉田, 矩方

矩方

義卿

松陰
生年 1830年
没年 1859年
職業・経歴等 教育家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
吉田松陰留魂録 吉田松陰 [原著] ; 松陰神社 著 ; 三宅紹宣 監修 萩ものがたり
2016.5
〈新釈〉講孟余話 吉田松陰 著 ; 松浦光修 編訳 PHP研究所
2015.1
留魂録 吉田松陰 著; 秋月謙一 編著 好古書院
2015.1
松陰から妹達への遺訓 所功 編著 勉誠
2015.8
吉田松陰の手紙 吉田松陰 [著] 萩博物館
2015.8
「孟子」一日一言 : 吉田松陰が選んだ「孟子」の言葉 孟子 原著 ; 吉田松陰 著 ; 川口雅昭 編 致知出版社
2014.1
吉田松陰『留魂録』 吉田松陰 著 ; 城島明彦 訳 致知出版社
2014.9
吉田松陰武教全書講録 [山鹿素行], 吉田松陰 [著] ; 川口雅昭 全訳注 K&Kプレス
2014.12
吉田松陰著作選 : 留魂録・幽囚録・回顧録 吉田松陰 著 ; 奈良本辰也 編 講談社
2013.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想