横井 也有   (1702-1783)

横井 也有(よこい やゆう、元禄15年9月4日(1702年10月24日) - 天明3年6月16日(1783年7月15日))は、江戸時代の武士、国学者、俳人。 [経歴] 元禄15年(1702年)、尾張藩で御用人や大番頭を務めた横井時衡の長男として生まれ、幼名は辰之丞、通称は孫右衛門と言った。 本名は時般(ときつら)、別号に永言斎・知雨亭など。 横井氏は北条時行の流れを組む家柄と称する。 26歳にして家督を継いだ後は用人、大番頭、寺社奉行など藩の要職を歴任。 武芸に優れ、儒学を深く修めるとともに、俳諧は各務支考の一門である武藤巴雀、太田巴静らに師事、若い頃から俳人としても知られ、俳諧では、句より...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヨコイ ヤユウ
人物別名 横井也有

也有

時般

伯懐

暮水

半掃庵

半掃庵, 也有

富士原, 螻丸
生年 1702年
没年 1783年
職業・経歴等 俳人

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
鶉衣 横井也有 著 ; 堀切実 校注 岩波書店
2011.6
楽隠居のすすめ : 「鶉衣」のこころ 横井也有 原作 ; 岡田芳郎 訳著 廣済堂
2001.7
鶉衣 横井也有 著 ; 石田元季 校訂 岩波書店
1930.12(10刷:1997.11)
生田流箏曲松尾恵子名演奏集 - Toshiba RECORDS
Toshiba-EMI
p1990
茶音頭 [三絃原作, 菊岡検校] ; [筝手附, 八重崎検校] ; [横井也有作歌] ; 中島靖子編 前川出版社
1990.1
名古屋叢書三編 名古屋市蓬左文庫 編 名古屋市教育委員会
1982.3
平語 横井也有 自筆 ; 渥美かをる 編 角川書店
1977.3
袷かたびら 也有[著] ; 伊藤亮三編 名古屋市経済局貿易観光課
1958.3
鶉衣 横井也有 著 ; 若林為三郎 解釈 研究社
昭和15
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
宇津羅衣 横井 也有
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想