歌川 国安   (1794-1832)

歌川 国安(うたがわ くにやす、寛政6年〈1794年〉 - 天保3年7月6日〈1832年8月1日〉)とは、江戸時代の浮世絵師。 [来歴] 歌川豊国の門人。 俗称は安治郎、又は安五郎。 一鳳斎と号す。 若書きの作品には「豊国門人国安画」と落款している。 作画期は文化(1804年-1818年)期から没年にいたっている。 豊国は多くの逸材を育てており、文化の頃には歌川国貞を別格にして国安、歌川国丸、歌川国直の3人が、豊国門下の三羽烏といわれていた。 国安は長い間、師の豊国と同居しており、美人画や役者絵のほか団扇絵、遠近法を取入れた箱根、江の島その他の風景画(浮絵)及び合巻の挿絵などを残した。 また...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ウタガワ クニヤス
人物別名 歌川国安

安治郎

一鳳斎
生年 1794年
没年 1832年
職業・経歴等 画家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
新日本古典文学大系 佐竹昭広 ほか編 岩波書店
1997.6
五節句稚童講訳 : 江戸年中行事幼絵抄 山東京山 作 ; 歌川国芳, 歌川国安 画 ; 太平主人 編 太平書屋
1995.6
五節供稚童講訳 : 江戸年中行事幼絵抄 山東京山作 ; 歌川国芳, 歌川国安画 太平書屋
1995.6
傾城水滸伝 曲亭馬琴 作 ; 歌川国安 画 ; 林美一 校訂 河出書房新社
1986.6
傾城水滸伝 曲亭馬琴 作 ; 歌川豊国 画 ; 林美一 校訂 河出書房新社
1984.7
文化・文政 - 浮世絵太田記念美術館
c1984
正本製 : 12編 柳亭種彦 著 ; 歌川国貞 画 ほるぷ出版
図書月販
日本古典文学刊行会
1973
方言修行金草鞋 十返舎一九 誌 [ ]
[大正15]
新編金瓶梅 曲亭馬琴著 ; 歌川國安, 歌川國貞畫 国書刊行会
1918.3
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想