館 柳湾   (1762-1844)

館柳湾(たち りゅうわん、宝暦12年3月11日(1762年4月5日) - 天保15年4月13日(1844年5月29日))は、江戸時代後期の日本の漢詩人・書家である。 本姓は小山氏、養子となって館を名乗る。 名を機、字は枢卿、通称を雄次郎。 柳湾の号は、故郷である信濃川河口の柳のある入り江に因んでいる。 別号に石香斎・三十六湾外史などがある。 [人物] 柳湾は、温厚な性格で寡黙であり、色白で背が高く、酒を嗜むことなく一日に一升の飯を食べたという。 実直な役人として上司の信任が篤く加えて領民思いだった。 師の亀田鵬斎が寛政異学の禁のためほとんどの門弟を失ったが、柳湾はその後も師弟の関係を続けてい...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タチ リュウワン
人物別名 館柳湾

館, 機


枢卿

柳湾
生年 1762年
没年 1844年
職業・経歴等 能書家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
江戸詩人選集 日野竜夫 ほか編纂 岩波書店
1990.10
歳時記ほか - 雄山閣
1987.8
小籟吟藁 : 館柳湾自筆詩稿 館柳湾 著 ; 市川任三 編著 太平書屋
1981
柳湾漁唱 館柳湾 著 太平書屋
1981.7
柳湾漁唱註 渡辺秀英 著 巻町
1977.3
館柳湾資料集 : 附・巻菱湖伝 館柳湾 著 ; 渡辺秀英 編 巻町
1974
館柳湾 渡辺秀英著 巻町役場
1967.11
杜樊川詩集 杜牧 著 ; 館柳湾 校 青木嵩山堂
明41.8
杜樊川詩集 杜牧 著 ; 館柳湾 校 青木嵩山堂
明41.8
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想