多紀 元堅   (1795-1857)

多紀 元堅(たき げんけん/もとかた、寛政7年(1795年) - 安政4年2月13日(1857年3月8日))は、江戸時代末期の幕府医官。 名は元堅、号は茝庭(さいてい)、通称は安叔(あんしゅく)。 幕府医学館考証派を代表する漢方医。 子に同じく幕府医官の多紀元琰がいる。 [人物] 江戸時代後期、医学館総裁を務めた多紀氏の分家・矢の倉多紀氏の初代。 医学館総裁多紀元簡(号は桂山)の第5子として生まれる。 はじめ町医者として市中で開業していたが、天保6年(1835年)12月16日、幕府に召し出されて一家を興し、奥詰医師に任命される。 翌7年(1836年)11月19日、奥医師に任命され、同年12月...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タキ モトカタ
人物別名 多紀元堅

丹波, 元堅

亦柔

苣庭
生年 1795年
没年 1857年
職業・経歴等 自然科学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
素問紹識 多紀元堅著 ; 日本内経医学会・素問紹識研究グループ[編] 日本内経医学会
2018.4
自筆稿本素問紹識 多紀元堅著 日本内経医学会
2018.4
観聚方要補 [多紀元簡] [輯] ; [多紀元堅] [參訂] ; 『観聚方要補』安政版刊行委員会 編 医聖社
2013.6
扁鵲伝解・扁鵲伝考 ; 扁鵲伝正解 ; 扁鵲伝解 ; 扁鵲志志 ; 医種子 : 扁鵲倉公列伝 ; 扁鵲倉公列伝 : 天明刊廬復本 ; 扁倉伝註 ; 扁鵲倉公列伝 : 嘉永刊影宋本 ; 扁鵲倉公伝彙攷 ; 影宋本扁鵲倉公伝攷異・扁鵲伝備参 ; 扁鵲倉公伝続攷 ; 扁倉伝解故 ; 扁鵲伝問難 ; 扁鵲倉公伝原解 ; 芥舟学扁鵲伝・倉公伝刪定 ; 扁鵲倉公伝集解 - オリエント出版社
1997.3
傷寒金匱研究叢書 多紀元胤, 多紀元堅[著] ; 多紀元堅[著] オリエント出版社
1988.8
黄帝内経古注選集 - オリエント出版社
1985.12
近世漢方医学書集成 大塚敬節, 矢数道明 責任編集 名著
1983.9
近世漢方医学書集成 大塚敬節, 矢数道明 責任編集 名著
1983.9
薬治通義 多紀元堅著 名著
1983.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想