平 信範   (1112-1187)

平 信範(たいら の のぶのり、天永3年(1112年) - 文治3年2月12日(1187年3月23日))は、平安時代末期の公卿。 桓武平氏高棟王流、兵部大輔・平知信の三男。 母は主殿頭・藤原惟信の娘。 兄弟に時信・知範。 正室は少納言藤原能忠の娘。 子に信基・信国・信季らがある。 正三位、兵部卿。 字は平能。 日記『兵範記』の作者として著名である。 また、国宝平家納経の筆者のうちの一人ともくされる [経歴] 保安2年(1121年)に文章生となり、以後、蔵人、修理亮、左兵衛尉、左衛門少尉、甲斐権守などを歴任する。 また、摂関家(近衛家)の家司として藤原忠実から近衛基通の4代にわたって仕えた。 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タイラ ノブノリ
人物別名 平信範
生年 1112年
没年 1187年
職業・経歴等 貴族

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
兵範記 ; 範国記 ; 知信記 京都大学文学部日本史研究室編 思文閣
2020.5
兵範記 平信範 著 ; 上横手雅敬 編集・解説 思文閣
1990.2
兵範記 平信範 著 ; 上横手雅敬 編集・解説 思文閣
1989.8
兵範記 平信範 著 ; 上横手雅敬 編集・解説 思文閣
1988.10
人車記 平信範 著 ; 陽明文庫 編 思文閣
1987.1
人車記 平信範 著 ; 陽明文庫 編 思文閣
1987.4
人車記 平信範 著 ; 陽明文庫 編 思文閣
1986.7
人車記 平信範 著 ; 陽明文庫 編 思文閣
1986.10
増補史料大成 増補史料大成刊行会 編 臨川書店
1981.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想