斎藤 竹堂   (1815-1852)

斎藤 竹堂(さいとう ちくどう、文化12年10月11日(1815年11月11日)-嘉永5年閏2月11日(1852年3月31日))は、江戸時代後期の儒学者。 諱は維馨(いけい)・馨(かおる)、字は子徳、号は竹堂・茫洋子、通称は順治。 陸奥国遠田郡沼辺邑(沼部村とも、現在の宮城県大崎市)出身。 [経歴] 亘理氏(涌谷伊達氏)家臣の家に生まれる。 幼いころから学問に優れ、仙台藩の藩儒・大槻平泉に学んだ後、江戸に出て増島蘭園に師事、また、上方や長崎を遊学している。 その後天保10年(1939年)に昌平黌に入学した。 弘化2年(1845年)に一旦故郷に戻るが、嘉永元年(1850年)になって母と妻を連れ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ サイトウ チクドウ
人物別名 斎藤竹堂


竹堂

子徳

順治
生年 1815年
没年 1852年
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
『鍼肓録』註解 : 齋藤竹堂の常陸・房總紀行 [齋藤竹堂著] ; 堀口育男註解 太平書屋
2021.7
蕃史 : 国訳 斎藤竹堂 著 ; 豊原誠一 訳 仙台郷土研究会
1971
斎藤竹堂全集 伊勢斎助 編 裳華房
昭14.9
斎藤竹堂全集 伊勢斎助 編 裳華房
昭14.9
斎藤竹堂全集 伊勢斎助 編 裳華房
昭14.9
斎藤竹堂全集 伊勢斎助 編 裳華房
昭14.9
斎藤竹堂全集 伊勢斎助 編 裳華房
昭14.9
斎藤竹堂全集 伊勢斎助 編 裳華房
昭14.9
斎藤竹堂全集 伊勢斎助 編 裳華房
昭14.9
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想