中根 雪江   (1807-1877)

中根 雪江(なかね ゆきえ(せっこう)、文化4年7月1日(1807年8月4日) - 明治10年(1877年)10月3日)は、日本の江戸時代末期(幕末)から明治の武士(福井藩士)、政治家。 通称は栄太郎、靱負(ゆきえ)。 靱負を雪江とも書き、さらに「せっこう」と音読みした。 [生涯] 文化4年(1807年)、福井藩士(700石取り)・中根衆諧の長男として越前国福井の城下に生まれる。 天保元年(1830年)、家督を継ぎ、藩の儒学者に学ぶ。 江戸に赴いて平田篤胤から国学を学んだ。 天保9年(1838年)に松平慶永(春嶽)が藩主に就任すると御用掛となり、橋本左内らとともに藩政改革に参与する。 江戸幕...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナカネ ユキエ
人物別名 中根雪江

師質

靱負

雪江
生年 1807年
没年 1877年

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
昨夢紀事 [中根雪江] [著] 東京大学出版会
2015.1
昨夢紀事 [中根雪江] [著] 東京大学出版会
2015.1
昨夢紀事 [中根雪江] [著] 東京大学出版会
2015.1
昨夢紀事 [中根雪江] [著] 東京大学出版会
2015.1
再夢紀事・丁卯日記 [中根雪江] [著] 東京大学出版会
2015.1
戊辰日記 [中根雪江] [著] 東京大学出版会
2015.1
昨夢紀事 中根雪江 著 ; 日本史籍協会 編 東京大学出版会
1989.2
昨夢紀事 中根雪江 著 ; 日本史籍協会 編 東京大学出版会
1989.3
昨夢紀事 中根雪江 著 ; 日本史籍協会 編 東京大学出版会
1989.4
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想