中井 藍江   (1766-1830)

中井 藍江(なかい らんこう、明和3年〈1766年〉 - 文政13年7月22日または7月23日〈1830年9月8日または9月9日〉)とは、江戸時代中期の大坂の絵師。 [来歴] 蔀関月の門人。 大坂の人。 名は直、または眞。 通称は養清、養三あるいは養蔵。 字は養三、子養、伯養。 藍江、師古と号す。 銭橋南、後に伏見町心斎橋東に住んでいた。 関月に浮世絵を学び、さらに牧谿や李龍眼などを独学、四条派の写生味を加えた山水図、人物図に優れた手腕を発揮し、大坂画壇に一家を成した。 また、木村蒹葭堂をはじめとした当代の文人墨客と交わり、中井竹山に詩文を学び、余技に茶道を嗜んだ。 作画期は寛政(1789年...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナカイ ランコウ
人物別名 中井藍江

中井, 直

伯養

藍江

生年 1766年
没年 1830年
職業・経歴等 画家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
播州名所巡覧図絵 秦石田 著 ; 中井藍江 画 ; 校訂: 井口洋 柳原書店
1974
播州名所巡覧圖繪 中井藍江寫 ; [秦石田撰] ; [蔀關月画] 間島一雄書店
1974.9
播州名所巡覧圖繪 中井藍江寫 ; [秦石田撰] ; 社不明
19--
東濃都登 西浦祐賢著 ; 桃渓 [ほか] 画 者不明
文化9 [1812] 序
かはごろもの記行 2巻 鉄格子波丸述 ; 中井藍江, 丹羽桃溪畫 [蔦屋重三郎]
永樂屋藤四郎
河内屋太助
文化5 [1808]
かはごろもの紀行 鉄格子波丸述 ; 藍江中直, 丹羽丹桃渓畫 [蔦屋重三郎]
永樂屋藤四郎
河内屋太助
文化5 [1808]
かはごろもの記行 鉄格子波丸述 ; 中井藍江, 丹羽桃溪畫 [蔦屋重三郎]
永樂屋藤四郎
河内屋太助
文化5 [1808]
播磨名所巡覧図会 5巻 [村上石田撰] ; [中井藍江画] 塩屋忠兵衛
文化1 [1804]
播磨名所巡覧図会 5巻 [村上石田撰] ; [中井藍江画] 塩屋忠兵衛
文化1 [1804]
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想